【ランキング】信頼できるマンション管理会社はここ!

HOME > マンション管理会社の情報 > マンション管理会社の強みの確認も重要です!

マンション管理会社の強みの確認も重要です!

 マンションの管理でマンション管理組合を探して選ぶ場合に、管理会社の強みや特徴を理解しておくことも必要です。設備投資があまり必要がなく始めることができるのがマンション管理会社なので、いろいろな業界から参入しています。それぞれの業界の関係の会社では、強みや弱みがあります。長所や短所ということですが、それらをよく調べておくことも重要です。例えばメンテナンス系の場合は、清掃などの管理面では強いとか、管理ソフトなどの業界では、インターネットのシステムを使った管理が得意だとかです。そのほか建設関係では、建物の維持管理や検査などの建物自体の修復や工事などが得意だとかといった感じです。住んでいるマンションでも、どの部分をとくに重点的に依頼をしたいのかなども、マンション管理会社を決める判断材料になります。

 その他長期の修繕の計画や管理費の積み立てなどで管理組合をサポートできるかどうかも重要になります。管理組合では、1年から2年ごとに管理組合の理事などが変わり、住んでいる人たちが持ち回りで管理組合を運営します。当然管理関係の知識もばらばらですし、熱心さも違います。だいたいは仕方がないからということで、担当することになります。熱意や関心、管理の知識やレベルなども毎年変わるということも考えておき、長期的に管理組合をサポートできるマンション管理会社を選ぶようにする必要もあります。またマンションの住人の変化や、高齢化なども問題になってきます。マンションの住人の年齢層や特徴などで、経験が多い業者を選ぶようにするという視点も必要です。簡単い丸投げすればよいということではないことも理解しておきます。

 マンション管理会社を選ぶ場合に、管理組合の側で、明確な自分たちのマンションに合ったチェックポイントを作成しておくことも、有効な判断方法になります。それらのチェックポイントを、たとえば1年に1度確認しなおして業者を評価し、チェックから外れる内容が多くなった場合には、他の業者に替えることも考えるようにします。そうしておくと、常にチェック項目を基準に判断できますし、その内容をマンション管理会社に伝えておくと、その基準を最低ラインとして守ることもしやすくなります。漠然と丸投げをしていると、マンション管理会社側も、判断が甘くなるということもあるかもしれません。マンション管理会社側も、一定の業務でのルールなどがあるでしょうが、住人と業者の両面でチェックをしておくと、スムーズに良い関係を維持できます。

▲ ページトップへ