【ランキング】信頼できるマンション管理会社はここ!

HOME > マンション管理会社の情報 > マンション管理会社の選び方は重要です!

マンション管理会社の選び方は重要です!

 マイホームとして購入する分譲マンションでは、管理を買うといわれているように、分譲マンションの所有者が管理をするのではなく管理組合に任せて管理ができることも大きなメリットのひとつです。本来自宅を自分で管理しなければなりませんが、その管理の多くを任せることができるからです。その管理組合も多くがマンション管理会社に委託をしています。マンション管理会社もたくさんあるので、どこにするかという選び方が重要です。マンション管理会社は業務の内容から、あまり設備投資をしなくてもできますので、その点からも大小様々なマンション管理会社が全国にあります。その中から自分のマンションに適した管理会社を選ぶことで、コスト削減や正しい管理のメリットを得られます。選び方が重要になるということになります。

 マンション管理会社の仕事としては、分譲マンションなどの管理に関する全般ということですが、具体的には管理費等の出納などの経済的な部分、管理員の派遣や建物の清掃などや設備の点検、検査などの管理全般を管理組合に変わって行うことになります。それらの質やレベル、内容によって優劣が付けられるわけです。そのほか分譲マンションの住人との人間関係などもありますし、マンションの住人が気が付かない管理面や安全面などの配慮などができるかどうかも重要になります。表面的に業務を行っているのではなく、分譲マンションの所有者と同じ目線で管理をしてくれるマンション管理会社を探す必要があります。最近はとくに安全面での注意も必要になっています。常駐する場合の住人の安全対策でも管理人がいると効果も期待できます。

 具体的なマンション管理会社の利用方法としては業務の全部を委託する方法と一部を委託する方法があります。以前は自主管理ということで、管理組合がすべて管理するというところもありましたが、最近は少なくなっています。管理組合の理事などの負担が大きくなるからです。専門知識や積極的に管理をするという強い意志気がないと、なかなかできませんし、管理組合の理事も住人の持ち回りになるので、均一な管理の質を掲示区することも難しくなるからです。それで、最近ではいちばん負担の少ない全部を委託する方式が主流になっています。コスト削減には一部委託も効果的ですが、管理組合の負担が大きくなり、チェックも必要になるので、やはり全部を委託する方式が、いちばん簡単な方法として定着しているということになります。

▲ ページトップへ