【ランキング】信頼できるマンション管理会社はここ!

HOME > マンション管理会社の情報 > 信頼関係が大事なマンション管理会社

信頼関係が大事なマンション管理会社

 マンション管理会社は主に分譲マンションの管理を行うための会社です。分譲マンションでは多くの人が住んでいますが、そのほとんどは建物の知識や管理に対して素人同然となります。そのため住民たち自身だけですべてを点検管理することは不可能に近い状態となっています。そこで分譲マンションでは住人の代表で構成された管理組合を設置し、管理組合がマンション管理会社に対して点検管理の依頼を行います。依頼された管理会社はマンション管理士を派遣して普段の点検管理を行うこととなります。その点検管理を行うための費用はマンション住民が毎月支払う管理費と修繕積立金で賄います。このうち管理費は普段の清掃や建物点検管理、また資金の金銭管理など事務処理労働のために使われます。一方で修繕積立金は将来の大規模修繕工事のために使われることとなります。

 ただしその大規模修繕工事自体はマンション管理会社が施行するのではなくて、別の専門の修繕工事業者が施行することとなります。しかし近年はそのマンション管理会社に対しての評価が一部では良くないと指摘する意見が増加してきています。評価が良くないと指摘する意見の根本的原因は住民たちがほとんど知識のない素人なので、カモにされやすいことから始まります。そのため管理費や修繕積立金の値上げを催促すれば容易に応じてくれたりしやすくなります。また管理会社が利益を確保しやすいようにするために、必要以上の過剰点検などの管理を行ったり、提携している大規模修繕工事業者を紹介するなどして必要以上の経費を請求するなどの事例も見られます。これらの動きに対しては管理組合が管理会社を変更するなどの対応で乗り切れる場合があります。

 ただしその際に注意することは管理会社変更で仲介してくれるコンサルタント会社の存在となります。そのコンサルタント会社も一部ではグルになってる場合もあるので、グルになってない会社を慎重に選ぶ必要があります。一方でこれとは対照的に一部の中古の分譲マンションではスラム化している事例もあります。スラム化している事例の原因の1つに、普段の業務をこなしてきたマンション管理士が高齢のために引退したり死亡したりなどして、普段管理点検をする人がいなくなったからです。このスラム化の事態を防止するには別のマンション管理士に依頼をしなければなりませんが、マンション管理士を志望する人は年々減少傾向となってきています。しかも今残ってるマンション管理士自体も高齢者の割合が増大傾向となってきています。そのために一部のマンション管理会社では管理士が足りずに派遣できない事態に陥っているともいわれます。いずれにしても住民たちは管理会社に任せっぱなしにしないで出来る部分は自主的に行動する必要があります。

▲ ページトップへ